Insta360flowも買う・・・

あんまりジンバルって使うことなかったのですが、もしかしたら!!論争に負けて買ってしまったのです。それは、Ai追尾機能です。人だとばっちりなのですが、物って追尾どうなの?って思ってしますのです。 昨年の11月頭にDJI Osmopoket3が、追尾機能よさげ~って思い買いましたが、確かに目の前にいる人なら追尾が最高でした。ただ、少し離れてしまうと 流石に追いかけなかったりするのです。私の様にホビーユーザーは、対象がホビー商品と特殊なのでこれを追いかけれるジンバルやカメラが無いかな?って。

YouTube動画を見ていると 人影に交じっても、物陰に隠れてもなんと 追尾してくれるのです~

これを見ちゃったもんですから、もしかしたら、ラジコンも追いかけてくれるのではないかと!! 変な期待が高まって買ってしまうという事です・・・・ そんなYouTuber まだ、いません、、。

なので今回はライト付き、シャツ付きキャンペーンを利用して買ってみたのです。

Insta360flow Insta360サイト↓ 今回はライトと三脚足がついてきます。(期間によって変わるみたい)

AI追跡搭載スマホ用ジンバルInsta360 Flow を購入する
自撮り棒と三脚を内蔵した3軸手ブレ補正ジンバル。AI追跡搭載で、スマートフォンを自分だけの撮影ツールに昇華させよう。

では、先に結果からお伝えします!!

ラジコンは無事追いかけられたかて言うと、速い動きのUターンは、すぐに外れてしまいます。これは、オズモポケット3も同じでした。ただ良い点と悪い点を比較して言いますと

良い点

①ズームの倍率が増やせるので使うスマホによっては拡大しても映像がつぶれにくい 

②追従力は、今までだと最強だと思える

③スマホ画面なので大きくて見やすい

悪い点

①重たい スマホが右に振ってからの左に移動が重くて気になる(左右に追従動作が速いため)

②全体的に大きいので 右手が疲れる(もしくは左手)

Flowとオズポケ3と比べた場合ですよ!!

普通に使う場合は、スマホを持っていると仮定して2万円程度で買えるのでこっちの方が良さげです。わざわざ、クリエイターでもない限りは、360Flowで事は足りる気がします。アプリで簡単に編集もしてくれるので、旅のお供に持っていくのは、そんなにかさばらないので、初心者にとってもあれば便利なものだと思います。

中身を紹介していきますね

本体とスマホクリップとライトです。ライトは、ジンバル本体から給電可能です。もちろんスマホも充電可能なので、撮影としても使えますが、いざっていう時のモバイルバッテリーにもなりますね、内容は2900mAhなのでスマホ半分くらいのバッテリーは内蔵されています

ZHIYUN SMOOTH Xです 以前はこれを使っていました。2軸で充分と思っていましたが、3軸あれば上下もジンバルが利くので縦の動きも滑らかになります。価格は1万円程度で自撮りの際の手ブレを防ぐには良かったのです、また人物中心で歩きながらのVlogなどは、2軸でもいけましたが、流石に対象物が、物やペットになると 奥行きも使うことが出てくるので、2軸より3軸になるので使い勝手と財布の相談になりますが、今回のFlowの3軸お勧めです。

展開するとこんな感じでワンタッチですぐ使えるようになり電源も入ります。この先に磁石でスマホ事ピタッと引っ付くので準備する速さは、すぐです。なので撮影に取り掛かるまでの時間が数秒で始められます。お尻に1/4ネジがついていますのでカメラ台に付ける事も可能です。タイムラプスやパノラマや座ってVlogなどを撮る場合は、三脚を使うと便利ですね。スポーツなどの動きをとらえるには、手持ちが良いです。自動追尾が外れる場合があります。

Flow単体でも立つことが可能ですミニ三脚が収納されているので自立はするのですが、重たいスマホや激しい動きをジンバルに求める場合は、もしかしたらこけてしまうかもという不安感はあります。

手元操作で出来ることは、録画 外カメラ内カメラ切り替え 電源 ズーム 上下左右のカメラの動かし フォローモードの変更 グリップにジンバルリセットなどがあります。単純操作ですがこれがあるので片手操作が可能になります。 追尾の場合は画面タッチが必要です。

歩きながら流し撮りや、人物の動きのある撮影 風景など、これ一台でやってくれることは沢山あり 本来手振れ補正がどんどん優秀になりつつあるのにジンバルがいるのか!!?って そこは撮る内容によるっていうのが、本当の答えかもしれませんが、私的な目線でで言うと こういうものをわざわざ使う高揚感とか、カメラのブレを抑えて撮りたいとか、もっというと、自分ではできない編集を短時間で考えてシーンを選ぶだけでイメージ映像のようなものが出来るので、他人にちょっと見せるにはすごく便利なものになっています。1時間や2時間もだらだら撮った旅の映像って正直見てられないので、簡易的に編集してくれるのは、ちょっと嬉しいです。もちろん自分でも編集は可能です。

今回色々と使いまわしにチャレンジして映像撮りましたが準備出来次第お見せしたいと思います。結構ね 人の追尾はすごかったです。走ったり飛んだりはしていませんが、いつものライトを撮る公園で散歩しているのを俯瞰でとらえていますが、意外としっかり追尾していました。これ感動です。また ラジコン撮影のローアングルですが、いつも 360OneRを使うと 結構後ろ撮っているつもりが 上を向いちゃってて没動画を生み出すのですが、自動追尾で見ていなくても車を追いかけていてくれるのでこれはありです。スマホの性能によって綺麗さなどが変わりますが、私のメインのiPhone14では、納得いくレベルで綺麗に録れていました。決して安いものでは無いですが、Youtube動画作成も意外とジンバルとiPhoneだけでこなしてしまうのではないかと、そう思うと始めるには安いものかもしれませんね。今後ローアングルや自動追尾も使って色々撮っていきますのでまたみてみてくさい~。

プロフィール
金沢紀沙

10年以上闘病していて、30代になって夢を叶えるために、最後の力を振り絞り、東北から関西へ引っ越し。YouTubeと出会い、ラジコン、ガジェットなどの魅力を知り。2021年YouTubeデビュー。ラジコンの制作方法や、ガジェットの紹介を、私のような初心者の方にも、分かりやすいようにと、初心者目線で説明する初心者!をモットーに頑張ってます!

金沢紀沙をフォローする
ガジェット
金沢紀沙をフォローする
金沢紀沙通信

コメント

タイトルとURLをコピーしました