ををを!! 76Km?? 本当に??

RTR 14210という 型番だと思うのですがAmazonで売られているラジコンで気になる文言が 1/14で76Km・・ ラジコンってそんなに速度出るの?? 確かに100キロでるラジコンとか見たことある気がしますが、一般的に気楽に 76Km出るよ~って 想像しただけでも速度がやばすぎます。。うちにある物では最高何キロだろう??出てても30キロぐらいかなぁ~ 速度計測したことないけどBBXは6.5Tの爆走仕様にしたので あれでも 50キロくらいは出るんじゃないだろうか・・っていうことは、この小ささで76kmって・・出たら楽しいはず・・(周りには誰もいないところって気を配らないと危険ですが) 速さ=ロマン ですよね?? ただべらぼうに速いっていうだけで、ワクワクします・・ 良いんです!! 直線番長で その他は何も求めていません!! と言うわけでAmazonでぽちっとすると 勝手に次の日には配送されてしまいます・・便利で悪魔的なシステムが作動するのです。

自宅の作業部屋で開封されている気がする・・・・

Amazonで書かれている仕様

  • 4WD&ブラシレスモーター&76km/h高速走行
  • 独立懸架&金属製部品
  • 無段階制御&強力なサーボ&ブレーキ機能
  • 2.4GHzより制御&充電式バッテリー2個

とまぁ もうちょっと 詳しく書かれてますがリンク張っておきます

ラジコンページへ RTR 14210 Amzon-Link 

私なりにわかったことの説明をしていきます~。

過去最強にカッコイイ!! フォルムやデザインがかなりカッコいいです。

以前のもなかなか 良かったのですが スタイリッシュでウイングもついてやる気満々に見えます←(性能と関係ないのですがラジコンを買ううえで一番大事なところです 性能もそうですがカッコイイかどうかが一番のハンダ基準です~

まず速さについてですが

高回転高効率のブラシレスモータがついています。ブラシレスは 3本線ですね~ それを回すために Lipo電池が3セルといって 普段は2セルの7.4Vなのですがそれが11.1Vと・・・普段の1.5倍モーターが回ります・・・という計算上 76Kmなんだと思います・・ 40キロでる車が バッテリーを3セルにするだけで60キロでる計算になるんです~。 ※注意対応していない車だとアンプやモーターが燃えます

バッテリーが3本が1つになっているのが見えますよね~ こいつもパワーを出している要因の一つですがこれ 速くなるで~って 友人に貸すのは控えましょう。何度も書きます ※対応製品じゃないと相手が燃えます

バッテリーが2本ついていますが、これは良い事です。走行時間もスピードの出し方によりますが30分と書かれています。なのに~ 充電時間が300分・・・えと。。5時間(笑)合計で10時間 すぐ走らせるには 充電器は買った方がよさそうですね~ 普通のラジコン用で良いと思います。1時間程度で充電が終わります。

ジーフォース G4 MULTI CHARGER G0204   価格5198円

これ一個あればいろいろと充電できるので便利です~。

さて つづいて強度ですが これが無いとハイパワーで壊れるといったところですね

ギヤは分解しないとお見せできませんがメタルのギヤを使っています。 真ん中に赤い棒が見えますがこれもよじれを止めるために真鍮のようなもので支えています。

タイヤを回す部分も金属でユニバーサルシャフト採用です 回転効率あげながら破損しにくい部品に変わっています。モーターから来たパワーをそのままタイヤに伝えることができるというものです。

シャーシも厚さ2.5mmの金属製ですね~ とにかく 固い(笑) ぶつけても耐えそう

ダンパーはシリンダーのみプラスチックで最初からオイルが入っていると思います。私の物は漏れていることもなくしっかり効いている感じがします。 ラジコンを高い所から落とすとボフって言いながら静止します。バネだけなら びよよ~んって 何度か跳ねるのですがこれはしっかりと止まるので、ジャンプしても衝撃をしっかり吸収している感じです。

そのせいか 重さは・・・・

一キロ半あります・・ なので 人にぶつけないように気をつけましょう これが 76キロで突っ込んでくると思うと 痛すぎます。こういった工夫で車を高寿命にしていると思います。無茶苦茶な運転しそうですよね。スピードが出るという事はね~ 激しくジャンプ 激しくぶつかる・・みたいな・。足回りは サスアームが前の交換できる予備パーツがついています。タイヤが剥き出しなので 走っている途中でタイヤからぶつかっちゃうと 折る可能性が考えられるので予備があるので親切ですね~ 普通に走っていると折れることは無そうですが。

ウイリーバーがついてる!!

これは あとから自分で付けるようになっています。 いらないという選択肢もあるのですね。

こういった ハイパワーな車は、低速から一気に加速すると前に進む速度より回転が勝ってしまうのですぐにフロントが浮く場合があります。これをひっくり返らないようにするためにウイリーで支えるのですが・・・

写真用にスタンドで立てていますが この角度でもウイリーバーが地面と接触していません(笑) きっとこれぐらい浮く加速だとバク転してしまいそうですね~。

サーボに関しては2.2Kg という表記これが一番私にはわからないところです 2.2Kgの重りをサーボが持ち上げる動力があるっていう事なのかな?? それだと 曲がる力が強くてパワー負けしなくて良いのですがね~ 勉強不足です(´;ω;`)ウゥゥ

ちなみにサーボホーンはダイレクトでプラでしたがバネで押せているので衝撃は吸収しているのかもしれません。← 意味は分かる方だけでご理解ください

あとは電気がついています ライトですね~ オンオフありますね~プロポで操作しますね。フロント側にLEDがついていますね

といった感じで。個人でセッティングできるところは、一か所だけでそのまま初心者でも走らせても充分走る車という事になります。

トーイン トーアウトだけ ターンバックルになっていますのでここだけが唯一触れる部分です。まぁ 触らなくてOKですが調整はできるという事です。普段は棒で繋がっているだけの物なのですがなぜか調整できます。

あと タイヤの交換予備がついています

パドルタイヤというのかな 砂浜や雪もこれなのかな? タイヤがかき出して走れるようになっているものが付属でついてきます。一応 タミヤのバギー用の6角ハブと同じサイズなので、最近のバギーのタイヤなども付ける事が可能です~。Deerc製ラジコンを持っている方は、色々タイヤは使いまわせますね~。。グリップの変化はあまりないと思いますが、コースでこの車を走らせようと思うのでしたら、良いタイヤを装着することも可能ではありますね~。

防水と・・・・

ここに受信機が入っています~ 防水加工されているので 水の中は行かない方が良いのですが、雨や雪の中や水たまりぐらいなら気にしなくても走れそうです~。 一応金属パーツがあるのでしっかり乾かすことはした方が良いです~。 でも 私自身気になったことは 防水じゃなくてこの 箱の中身です。 受信機なのはわかっていますが!!

やった~!!

独立した受信機でした!! これがどれだけ嬉しいか。。 車の性能って、車だけが持っている物じゃなくて、送信機にもあるのです。 これが分かっただけで、付属のプロポを説明する必要性が・・・(ありますね)

プロポ交換は可能です CH1 サーボ CH2 アンプ CH3ライトのオンオフ 残りの2つは アンプとモーターに FANがついていたのを見ました?それを回しているものが受信機からとられていたのです。なので 3CH受信機あれば動かせます。もっと言えば 電気もつかなくていいなら 2Chプロポでの操作が可能ですね~ ターボレーシングのプロポでも操作可能なのが嬉しいです。(細かい調整が可能) スピードも 1~100まで小刻みに調整できますし、曲がる角度も ハンドルを切りすぎないように調整が出来たりします。ジャイロ付きを付けると・・・滑りにくくなったり・・下に過去YouTube貼っておきます。それに変更したり 私のメインのKOプロポにも交換も可能です~。

付属のプロポも見ておきましょう

質感がおもちゃっぽいのです。おもちゃなのに?? 車の質感と全然かけ離れています。ハンドルスポンジが奥に張り付いててハンドルが切れない障害がありますが、手前まで引っ張ってやってください。

操作感は、普通ですがハンドルが結構軽いのでスコーンスコーンって感じでハンドルの微調整が利くラジコンなのに、がばって切って右、左、という単調操作になりやすい感じがします。ただね 操作がしにくいかどうかは、別として 動かすことは可能です。 大きさもお子様でも操作しやすい大きさなのでそれは良いと思います。 ラジコンの質感に合ってないなぁ~って思うだけです(個人の感想)

ここで スピード調整が可能になっています。上に スロットルと左右の調整できます。 勝手に進まないかとか 右に曲がっていないか?とかの調整は可能です。

別途このラジコン以外に用意するものって・・・ プロポの単三電池2本だけです。

底に電池が入るところがあります~ 蓋には写真取れてないですが技適のマークがちゃんとありました。YouTubeやっているとドローン先輩方が結構指摘してくるとの事なので、大丈夫ですクリアしてます。

感想

まだまだ 考察段階ですが、かなり良い仕上がりです。ここさえよければっていう部分も交換可能だという事が分かりましたので。私的には満足な一品です。走らせる場所はもちろん公園で爆走系ラジコンとして認知しています。なのでテクニックがどうのこうのとかいうより とにかく走らせて面白いかどうかですね。最近おじさんたちと話す機会があるのですが、子供の頃にこういうものがあったら 夢中になっただろうなって。あっても 買ってもらえなかっただろうけどね~って(笑) ホットショット金持ち グラスホッパー貧乏 とか・・・ ラジコンで家庭環境がわかるって・・・ そうなの?

でも このラジコン楽しそうだね~って 速さが全てだったあの頃に戻って楽しめそうだって、出来なかったことが今は簡単にできてしまう事に、感動があるそうな。 なんだか思いふける ラジコンになってる(笑) 大人から子供まで楽しめるってことが分かったけど小さい子は気を付けないとだね~ 近いうちに 動画で状態をお伝えしますね~。 

YouTube動画準備中・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました